愛をこめて、ぼちぼちネタバレ[18話]直接対決!ナツキvs.唯斗の母親

皆さま、鹿乃子かほさん作、
「ホスト×5歳児
ひとりぼっちな2人の
不器用な家族ごっこ」が
キャッチフレーズの
「愛をこめて、ぼちぼち」って
漫画もう読まれましたか?!

この漫画は2019年8月に
読み切りとして発表され、
マンガMeeヨミコレ!」にて
1位を受賞した作品です。

数多くの読者様から
支持されていた作品が
連載作品として
帰ってきたということは
期待度が高いですね^^

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

今回の記事では「愛をこめて、ぼちぼち」
18話を実際に読まれた方のアンケートを元に、
漫画のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についても紹介していきます!

「無料で漫画を早く読みたい」という方は、
漫画を無料で読む方法」という
項目をチェックしてみてくださいね^^

愛をこめて、ぼちぼち(漫画)18話あらすじ/内容ネタバレ

「ただの、赤の他人だけど」

ついにご対面

“ドアを開けたら
おかあさんがいるかもしれない”

母親がいなくなったときのことを
思い出したナツキは、
唯斗の母親が住む部屋の前にやってきました。

そして、
呼び鈴を鳴らすと
恐る恐る唯斗の母親が出てくるのを
ナツキは待っていました。

そして、出てきた彼女と対面を果たしました。

ナツキの顔を見るや否や、
唯斗の母親はコンビニで会ったことを
話しました。

「唯斗のことで何か」

それに対して、
一緒に住んでいることや
自分は怪しくないということを話して、
その証拠として名刺を渡しました。

しかし、
彼がなぜここに来ることができたのかを
唯斗の母親は分からなかったので
そのことを聞こうとしますが、
ナツキは答えるのを拒否。

その代わりに、
ここにいることを知るために
怪しい方法は使っていないことを
伝えました。

「戻ってやってくれませんか」

彼女の帰りをずっと待つ唯斗のために
帰ってきて欲しいとナツキは頼みました。

それに対して彼女は即答はせず、
ナツキを中に招き入れようとしました。

ちなみに、
この時彼女はお腹をさすっていました。

彼女と会ったときの真実

中に入ったナツキは、
なぜ唯斗のことを一人にしているのか
聞き出そうとしました。

「私には私の考えがある」

ナツキのことを“赤の他人”と言って
答えるのを拒否した一方でそう答えました。

“その考え“というのは、
迎えに行くために遂行すべき
“ある計画”のことでした。

ちなみに、
そのことは唯斗に説明済み。

しかも、
今は辛い思いをさせてしまっている
かもしれないけれども彼もそのことを
理解していると思っていました。

“妊娠”

そのことに気づいたナツキは、
彼女とコンビニであったときの嘔吐は
つわりということに気づきました。

私の計画

妊娠していることに気づいたナツキに対して
唯斗の母親は自分のことや計画について
話し始めました。

ずっとパパ活をして生きてきた。

今の相手は地位やお金がある。

もう25歳だから、
今回妻になればいろんなことがうまく行く。

そして、
子供が生まれたら“あっち”
納得するに違いないから
唯斗を迎えに行くことができると
確信していました。

“白鳥さんの家族”

“あっち”の相手のことをナツキが告げると
唯斗の母親は怒りを露わにしました。

ナツキの説得

“俺の母親じゃない”

唯斗の母親が怒る様子を見たナツキは、
自分の母親の姿を思い出しました。

そして、
手の震えを抑えようとしながら
唯斗の笑顔が脳裏に浮かんだので、
自分のことを話し始めました。

その間、
神様に母親が帰ってきて欲しいと
ベッドで夜空に願っていたことを
思い出していました。

そして、
唯斗は愛情を欲しているけれども
平気なフリをしているということを話すと、
唯斗の母親は再び怒りを露わにしました。

ナツキの衝撃発言

計画を壊さないで欲しいと
怒りを露わにする唯斗の母親に対して、
ナツキは別に方法があるという話しました。

しかし、
彼女は幸せを手に入れるためには
“悪魔”になる覚悟を決めていました。

「あなたの幸せにあいつは
ほとんど入っていないんですね」

彼女の幸せに唯斗が入っていないことを
ナツキは告げました。

そして、
ナツキは驚きの発言をしました。

「俺にください」

ナツキは自分が唯斗の本当の父親になって
彼を幸せにすることを告げました。

愛をこめて、ぼちぼち18話感想/考察/結末予想

ついにナツキは唯斗の母親とご対面!

ちなみに、
天音の父親との間に
彼女は子供を身ごもったようです。

“妻になる”と言っても所詮は不倫。

子供ができたら本当に家族になれると
思っているようですが、
無理な気がします・・・。

そして、
自分の幸せしか考えておらず
唯斗を愛していないことに気づいたナツキは、
唯斗の本当の父親になるという
衝撃発言をしました。

これに対して唯斗の母親は
どう答えるのでしょうか?

とても気になりますね。

愛をこめて、ぼちぼち18話をアプリで無料で読む方法は?読切についても


「愛をこめて、ぼちぼち」は
「マンガMee」で限定公開されています。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

マンガMeeとは?使い方を詳しく説明!

「マンガMee」とは集英社が
公式で運営している無料の漫画アプリです。

 

1コミック一日1話という制限はありますが、
基本的にアプリで公開されている
漫画は無料で読むことができます。

アプリをダウンロードするだけでどの漫画も
最初の3話は完全無料で読むことができます!

 

注意
2020年11月以降に始まった
マンガMeeオリジナル連載の最新話
有料(約60円)になってしまいました;;

 

チケットで待てば読める

最初の3話よりあとのお話も
「チケット」というものを使えば、
無料で続きを読むことができます!

チケットは24時間ごとに1枚配布されるので、
マンガMeeで公開されている漫画は
「先読み」と「コイン限定」以外は
1作品一日1話ずつ無料で読み進められます。

 

管理人

チケット公開話数を2話以上読みたい時は、ボーナスコインを使うと無料で読めるよ!

チケットは1枚しか所持できませんので、
新しく貰うには手持ちのチケットを
使って1話分作品を
読む必要があります。

 

先読み

ある程度の話数まで読み進めていくと
「先読み」というものがありますが、
こちらではチケットは使えません><

「先読み」のお話を読むには、
ボーナスコイン」という
マンガMee内で使えるコインを
30ボーナスコイン使うことで、
「先読み」公開話数も
無料で読むことができます!

 

ボーナスコインの貰い方(毎日0時更新)
マンガMeeのアプリ内で再生される動画を見ることで30コイン配布
TOPページ下にあるタロット占いをすることで5コイン配布
※ボーナスコインが貰えるのはどちらも一日1回(毎日0時更新)のみです。

 

動画を見なくてもボーナスコインが貰える
イベントも不定期で開催
しているので、
常にアプリのチェックは忘れずに!!

ボーナスコインもお金はかからないので
毎日コツコツ動画を見て、
完全無料でマンガMeeで
公開されている漫画を
アプリで読んでみてくださいね^^

マンガMee登録完了で2,000ボーナスコインをGET!!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

管理人

読み切り作品も気になるけど今でも読めるのかなぁ?

愛をこめて、ぼちぼち読み切り(ヨミコレ!受賞)作品はどこで読めるの?

マンガMeeヨミコレ!」にて
1位を受賞した読み切り作品が
今でも読めるのか
調べてみましたが、、、

残念なことに現在はどこにも
公開されていませんでしたorz

作者、鹿乃子かほさんの
公式Twitterにて、
読み切り作品の
最初の1ページだけ
公開されていましたので、
シェアしておきます。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

管理人

以前の読み切り作品を読んでいないと、連載作品の話が分からなくなるとかないよね?

読み切り作品と連載作品では
登場人物や設定が異なっています。

なので、読み切り作品を
読んでいないと連載作品の
話が分からなくなるということは
ございませんのでご安心ください^^

連載作品はマンガMeeにて
全話完全無料で
読むことができますので、
読み切りを読んでいない方も
是非読んでみてくださいね^^

まとめ

以上、漫画「愛をこめて、ぼちぼち」
18話のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想にについてでした!

隔週水曜日の0:00にマンガMeeにて
ストーリーが更新されるのですが、
流石、読み切り作品が
読者投票で1位だっただけあって
スっと話に惹き込まれました!

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

5歳児の唯人が
生意気なのに可愛い!

主人公のナツキも
今後どのように
変わっていくかも
楽しみです!!!!

孤独を抱える2人の不器用で切ない
家族ごっこの展開を温かく
見守っていきたいという方は
是非一度読んでみてはいかがでしょうか?