ハツコイリテイク(漫画)ネタバレ[分冊版8巻/21,22,23話]リオンの孤独と本当の気持ち

皆さま、雪丸もえさん作、
「拗らせ男子も不倫女子も
ピュア主人公ゆめこが癒す!」が
キャッチフレーズの
「ハツコイリテイク」って
漫画はもう読まれましたか?!

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

今回の記事では
「ハツコイリテイク」分冊版8巻/21,22,23話を
実際に読まれた方の
アンケートを元に、
漫画のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の
感想や結末予想についても
紹介していきます!

「無料で漫画を早く読みたい」という方は、
漫画を無料で読む方法」という
項目をチェックしてみてくださいね^^

ハツコイリテイク(漫画)分冊版8巻/21,22,23話あらすじ内容/ネタバレ

ハツコイリテイクネタバレ[21話]あらすじ内容

「リオンの告白①」

優芽子の憂鬱

デートからの帰宅後、
優芽子は高杉くんに帰りたくないと
せがんだ事を若干後悔していました。

がっついた女だと思われたのではないか
とマイナス思考に陥りますが、
そのあと一緒に過ごしてくれた
彼との時間を思い出し、
幸せな気持ちに浸るのでした。

SNSの恐ろしさ

デートを目撃したリオンは
仄めかしの投稿の勢いで
漫画家を辞めたいと
発言してしまいます。

新しい連載をスタートさせるにあたり、
世間の注目が集まっていたために、
かなりのバッシングや中傷を
受けることになってしまいました。

また、高杉はSNSで優芽子とリオンが
繋がっていることをその一件で知り、
以前に優芽子が気にしていたことに
ついて合点がいき、心配させまいと
嘘をついた事を後悔しました。

リオンの欲しいもの

高杉はリオンから
原稿を受け取るついでに、
様子を確認するため
彼女の自宅へ赴きました。

そして怒ったような振る舞いをする
彼女に優芽子とは幼なじみであり
再会の末正式に
付き合っていることを告げます。

するとリオンは高杉を
部屋に引き込み、
自分も高杉が好きなのだ
と言うのでした。

ハツコイリテイクネタバレ[22話]あらすじ内容

「リオンの告白②」

リオンの過去

高校生だったころのリオンは
人付き合いが苦手でした。

相手に合わせたり、
その場の空気を読んで
発言することが苦手な彼女にとって、
SNSでの漫画やイラストの投稿は
吐口と同時に自己承認欲求の場でした。

ある日、そんな彼女の作品を
目に留めてデビューさせてくれた
のが高杉だったのです。

恋愛なのか憧れか

リオンに迫られた高杉は
冷戦にリオンに、
それは恋愛の対象として
自分を見ているのかそれとも
別の意味があるのかと問いました。

そして誠実にリオンを引き離します。

わかっていたとでも言うように
リオンは引き下がり、
からかったのだと返答しました。

そして仕事をやめたいと言ったのも
気紛れだと高杉に言い放ちます。

一方その頃、
リオンのSNSは炎上していました。

ハツコイリテイクネタバレ[23話]あらすじ内容

「雨に降られて」

落ち着くまで

高杉は優芽子とお茶をしながら、
リオンとの一件について話しました。

優芽子はSNSでの発言が
炎上している事もあり
リオンを心配しています。

ひとりぼっち

リオンは自分の発言を
後悔していました。

投稿を削除しようかと考えましたが、
どうせスクリーンショットを
撮られているだろうし、
この先何度もそれをネタに
されるのだろうと思い至り放置します。

こんな時にも自分を心配してくれる
人は誰一人いませんでした。

心配だけど

優芽子はリオンのことが
心配でなりません。

編集部ではリオンと
連絡がつかなくなり、
彼女のSNSも閉鎖されていました。

しかしリオンからすれば、
優芽子は恋敵であり
同情されたくない対象なのです。

そのため優芽子はなるべく
彼女のことを考えないように
過ごそうとしますが、
夕食の買い出しの帰り道、
たまたま雨の中傘もささずに歩く
リオンを発見します。

優芽子は思わず傘を差し出し、
彼女を夕食に誘いました。

ハツコイリテイクネタバレ[おまけ6]あらすじ内容

「ゆめこクッキング」

自炊派のゆめこちゃんは
基本的に料理は好きです。

しかしその料理は、
野菜を切る鍋にぶち込む、
何かしらの素であえる、
というものです。

というのも、彼女は
味付けが苦手なのでした。

ハツコイリテイク(コミック)分冊版8巻/21,22,23話感想/考察/結末予想

ただのわがままで嫌な女の子
だと思っていたリオンにも
彼女がそうなるべくしてなったのだ
という過去があることに
悲しくなりました。

人より少し人付き合いが
下手くそな彼女が、
自分を受け入れて欲しくて始めた
イラストや漫画を始めて
認めてくれてかつ応援までしてくれた
人に憧れを抱かないはずがないな
と思いました。

彼女には、高杉が手に入らなくても、
たくさんのファンがいることや、
自分の大好きな漫画を糧に
頑張って復活して欲しいと思います。

ハツコイリテイク分冊版8巻/21,22,23話を漫画アプリで無料で読む方法


「ハツコイリテイク」は
「マンガMee」で限定公開されています。

マンガMeeとは?使い方を詳しく説明!

「マンガMee」とは集英社が
公式で運営している無料の漫画アプリです。

 

1コミック一日1話という制限はありますが、
基本的にアプリで公開されている
漫画は無料で読むことができます。

アプリをダウンロードするだけでどの漫画も
最初の3話は完全無料で読むことができます!

 

注意
2020年11月以降に始まった
マンガMeeオリジナル連載の最新話
有料(約60円)になってしまいました;;

 

チケットで待てば読める

最初の3話よりあとのお話も
「チケット」というものを使えば、
無料で続きを読むことができます!

チケットは24時間ごとに1枚配布されるので、
マンガMeeで公開されている漫画は
「先読み」と「コイン限定」以外は
1作品一日1話ずつ無料で読み進められます。

 

管理人

チケット公開話数を2話以上読みたい時は、ボーナスコインを使うと無料で読めるよ!

チケットは1枚しか所持できませんので、
新しく貰うには手持ちのチケットを
使って1話分作品を
読む必要があります。

 

先読み

ある程度の話数まで読み進めていくと
「先読み」というものがありますが、
こちらではチケットは使えません><

「先読み」のお話を読むには、
ボーナスコイン」という
マンガMee内で使えるコインを
30ボーナスコイン使うことで、
「先読み」公開話数も
無料で読むことができます!

 

ボーナスコインの貰い方(毎日0時更新)
マンガMeeのアプリ内で再生される動画を見ることで30コイン配布
TOPページ下にあるタロット占いをすることで5コイン配布
※ボーナスコインが貰えるのはどちらも一日1回(毎日0時更新)のみです。

 

動画を見なくてもボーナスコインが貰える
イベントも不定期で開催
しているので、
常にアプリのチェックは忘れずに!!

ボーナスコインもお金はかからないので
毎日コツコツ動画を見て、
完全無料でマンガMeeで
公開されている漫画を
アプリで読んでみてくださいね^^

マンガMee登録完了で2,000ボーナスコインをGET!!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

管理人

漫画全話を一気に無料で読めないの? 一日一話ずつだと話数多いから内容忘れそう。。。

そう思ったあなたにオススメの
裏技があるので、安心してください!!

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

サービス名無料期間月額料金登録後すぐ
貰えるポイント
1冊の値段無料で
読める巻
U-NEXT31日間1,990円
(税別)
600pt132円4巻
FOD
プレミアム
2週間888円
(税別)
100pt
(合計1,300pt)
120pt10巻
music.jp30日間1,958円
(税込)
600pt132円4巻
18巻

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

2020年7月現在、
「ハツコイリテイク」の単行本は
9巻まで公開されているので、
上記のように複数の電子書籍や
動画配信サービスを使って
無料期間内で読むことで一気に
全巻無料で読むことができます!

しかし、「ハツコイリテイク」の
単行本では最新話は公開されていません。

なので、、、

MEMO
1巻から9巻(1話から26話)は単行本で読む

27話以降は「マンガMee」で読む

上記の読み方をすることで
時間短縮しながら
「ハツコイリテイク」を
全話無料で読むことができます^^

まとめ

以上、漫画「ハツコイリテイク」
分冊版8巻/21,22,23話のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についてでした!

隔週木曜日の0:00にマンガMeeにて
ストーリーが更新されるのですが、
少女漫画のような恋愛には
管理人も憧れているので
優芽子の気持ちは
めちゃくちゃ共感します!

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

王道な少女漫画の恋に
キュンキュンしたい方は
一度読んでみてはいかがでしょうか?