この恋心、不死身につき。ネタバレ[最終話/14話]普通じゃない悟&心,2人の想いは?

皆さま、榛となりさん作、
「恋心=殺意!? 殺したい
彼女とのスリリング・ラブ♡」が
キャッチフレーズの
「この恋心、不死身につき。」って
漫画はもう読まれましたか?!

この漫画は2019年5月に
読み切りとして発表され、
「第7回マンガMee新人賞」にて
銀賞を受賞した作品です。

審査員の方によって
評価された作品が
連載作品として
帰ってきたということは
期待度が高いですね^^

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

今回の記事では
「この恋心、不死身につき。」
最終話/14話を実際に読まれた方の
アンケートを元に、
漫画のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についても紹介していきます!

「無料で漫画を早く読みたい」という方は、
漫画を無料で読む方法」という
項目をチェックしてみてくださいね^^

この恋心、不死身につき。(漫画)最終話/14話あらすじ/内容ネタバレ

「この想いだけは殺させない!」

悟を殺せなかった心

西園寺心が公園で一人佇んでいると、
そこに日宮悟の妹の祈が通りかかりました。

落ち込んでいる様子の心に祈が話を聞いてみると、
悟に振られたことがわかりました。

とうとう心が悟に手をかけようとしたのかと
祈は思いましたが、実際はその逆で
殺せませんでした。

心は悟が不死身だと知っているので
悟を殺してもいいはずです。

悟に殺すよう頼まれたのに実行できず、
悟に振られたのは自分が軟弱者だからと
心は考えていました。

殺されないと不安だと言う情緒不安定で
女々しい悟には、男気で攻めるしかない
祈は心にアドバイスしました。

心の追体験

翌日の放課後、心が学校を休んだことを
悟に友人が聞いてきました。

しかし、もう彼氏彼女の関係ではない
悟は言いました。

驚く友人を無視して悟は帰り始めました。
今日は一日穏やかだったと感じる悟。

不死身がばれないか、誰かを好きか嫌いか
考えることもなく悩むこともなく、
心に出会う前の自分に戻るだけだ
悟は考えていました。

そして昇降口で自分の靴を取ろうとすると、
放課後屋上にて待つと書かれた
果たし状のような物が靴箱に入っていました。

屋上へ行ってみると、屋上の柵の向こう側に
体中ボロボロになった心が立っていました。

落ちたら危ないので柵の内側に戻るよう
悟は言いますが、戻ってほしいなら
悟の本当の望み言えと心は言いました。

心は悟が急に殺してほしいと言いだしたのが
不思議で悟に聞こうと思いましたが、
きっと悟は教えてくれないと考え、
今まで悟が死にそうになったシチュエーションを
一日かけて追体験していたのでした。

追体験してわかったことは
痛いということだけです。

なので結局悟を精神的に追い詰めて
理由を聞きだすために、屋上の柵の向こう側に
心は立っているのでした。

最初からこうしていればよかったと
上機嫌の心ですが、突風が吹き、
落ちそうになる心の手を悟が掴み、
阻止しました。

悟の本心

悟はいつでも想いをまっすぐ伝えてくる
心のことが好きだと言いました。

好きなら別れる必要がないと言う心に、
悟は自分を殺せないからと言いました。

心は不死身の悟を好きだと言ってくれた
唯一の人ですが、今後も心が悟を殺せず
不死身の悟のことを怖がるかもしれない、
好きな人に怯えられることは、
悟にとって死んでしまうくらい
辛いことなのでした。

心といることで毎日が驚きときらめきで溢れ、
幸せを感じることができても手に入れた後に
心を失うことは悟にとって
絶対に耐えられないのです。

だから、最初から心と一緒に居ないことを
選んだのでした。そんな時、
心は悟の手と自分の手を手錠でつなぎ、
鍵を下に投げ捨ててしまいました。

これで物理的に離れられなくなった二人。
心にとって悟が普通でないことは
問題ありません。むしろ心は
自分の変な癖や思考を見せても、
自分が悟の傍にいることを
許してくれたことが嬉しかったのです。

心は悟に堂々として、心が怯えて
逃げようとしても手錠でつなぐくらいの
覚悟を持ってほしいと言いました。

そして普通じゃない悟を好きになったから
傍にいたい、この想いだけは
悟にだって殺せないと心は宣言しました。

本当に後悔しないか怖くならないかと聞く悟に、
死なないところを見なくて済むように
危険なことからは私が一生守ると
心は言いました。

悟のために無茶をしそうな心に対して、
心のことは一生守ってあげる
と悟は言いました。

二人の想いは通じ合い、心に柵の内側に
戻るよう悟が言いますが、
二人は手錠で繋がれているので
動くことができません。

しかも鍵も心が投げ捨てています。
悟と一緒ならずっとこのままでもいい、
という心。この後二人は無事に救出されました。

この恋心、不死身につき。(コミック)最終話/14話感想/考察/結末予想

14話はとうとう最終話となり、
悟と心が無事に心を通わせることができて、
読者としてとても嬉しかったです。

しかし、悟の死にかけたシチュエーションを
追体験する心が健気で可愛かったです。

そんな無謀で殺人願望のある
普通じゃない心だからこそ、
不死身という普通じゃない悟のことを
受け入れられたと思います。

お似合いの二人だと思いました。
このマンガが終わってしまうのが
非常に残念ですが、
最後はしっかりとした
ハッピーエンドでよかったです。

この恋心、不死身につき。最終話/14話をアプリで無料で読む方法は?読切についても


「この恋心、不死身につき。」は
「マンガMee」で限定公開されています。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

「マンガMee」とは集英社が
公式で運営している無料の漫画アプリです。

 

1コミック一日1話という制限はありますが、
基本的にアプリで公開されている
漫画は無料で読むことができます。

アプリをダウンロードするだけでどの漫画も
最初の3話は完全無料で読むことができます!

 

注意
2020年11月以降に始まった
マンガMeeオリジナル連載の最新話
有料(約60円)になってしまいました;;

 

チケットで待てば読める

最初の3話よりあとのお話も
「チケット」というものを使えば、
無料で続きを読むことができます!

チケットは24時間ごとに1枚配布されるので、
マンガMeeで公開されている漫画は
一日1話ずつ最新話まで無料で読み進められます。

 

先読み

一番最後のストーリーに
「先読み」というものがありますが、
こちらではチケットは使えません><

「先読み」のお話を読むには、
ボーナスコイン」というコインを使うことで
「先読み」の内容も読むことができます!

 

ボーナスコインの貰い方(毎日0時更新)
マンガMeeのアプリ内で再生される動画を見ることで30コイン配布
TOPページ下にあるタロット占いをすることで5コイン配布
※ボーナスコインが貰えるのはどちらも一日1回(毎日0時更新)のみです。

 

動画を見なくてもボーナスコインが貰える
イベントも不定期で開催
しているので、
常にアプリのチェックは忘れずに!!

ボーナスコインもお金はかからないので
毎日コツコツ動画を見て、完全無料でマンガMeeで
公開されている漫画をアプリで読んでみてくださいね^^

マンガMee登録完了で2,000ボーナスコインをGET!!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

管理人

読み切り作品も気になるけど今でも読めるのかなぁ?

この恋心、不死身につき。読み切り(ヨミコレ!受賞)作品はどこで読めるの?

「第7回マンガMee新人賞」にて
1位を受賞した読み切り作品が
今でも読めるのか
調べてみました!!

作者、榛となりさんの
公式Twitterにて、
読み切り作品も
マンガMeeアプリで
読めるという案内が
公開されていましたので、
シェアしておきます^^

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

管理人

読み切りも読めるのは嬉しい! でも、以前の読み切り作品を読んでいないと、連載作品の話が分からなくなるとかないよね?

実を言いますと、、、

読み切り作品と連載第1話は
話が全く同じなのですw

なので、読み切り作品を
読んでいないと連載作品の
話が分からなくなるということは
ございませんのでご安心ください^^

連載作品はマンガMeeにて
全話完全無料で
読むことができますので、
読み切りを読んでいない方も
是非読んでみてくださいね^^

まとめ

以上、漫画「この恋心、不死身につき。」
最終話/14話のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についてでした!

この漫画は完結済みなので
マンガMeeにて全話公開
されているのですが、
流石、読み切り作品が
銀賞受賞しただっただけあって
テンポ良く読み進められました!

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

ヒロインの心が
本当に猟奇的思考なのですが、
イラストが可愛いので
怖さも緩和されるし、
笑えるところも多いですw

ドSでホラーな思考の女性に
生理的嫌悪感を抱かない方は
是非一度読んでみてはいかがでしょうか?