サレタガワのブルーネタバレ[62話]ついに対面!全裸の裏切り者たち

皆さま、セモトちかさん作、
「読むと不倫したくなくなる漫画」で
女性に話題の「サレタガワのブルー」
って漫画はもう読まれましたか?!

今回の記事では「サレタガワのブルー」
62話を実際に読まれた方のアンケートを元に、
漫画のネタバレやあらすじ、実際に読まれた方の
感想や結末予想についても紹介していきます!

サレタガワのブルー62話のあらすじ/内容ネタバレ

「土下座」

あっさり見つかる藍子と和正

頭に血が上った暢は「出てこい!」と言って
勢いよく布団を剥ぎ取りました。

しかし布団の中には藍子1人…。

全裸でベッドに寝転んでいる藍子は
「のぶくん、ごめん。違うの」と
この後に及んでまだ言い訳をしています。

驚く穂奈美をよそに暢は後ろを振り返り
クローゼットの扉を開けると、
そこには全裸の和正が隠れていました。

思い出の詰まった大切なもの

絶望の表情を浮かべる和正と藍子。
心配そうに暢の顔を覗き込む穂奈美。

当の暢は落ち着いているように見えますが
暢の頭の中では「殺そう」という文字が
はっきりと浮かび上がっていたのでした。

普段温厚な暢が殺意を覚えた理由。
それは2人が隠れていた場所にありました。

ひとつは和正がクローゼットの中で
自分の体を隠す為に巻きつけた服。

それが暢が自営業になった記念として、
意を決して購入した少し高価で
お気に入りのコートだということ。

そしてもう一つは藍子と暢が同棲をする時
2人で選んだベッドだということでした。

「セレブっぽくキングサイズがいい」
と言う藍子に、暢は恥ずかしそうに
「藍子さんと毎日くっついて寝たいから
ダブルサイズぐらいがいい」と言いました。

藍子は、そんな暢の可愛い意見を尊重して
「いいよ!ダブルにしよう」
「おじいちゃんおばあちゃんになっても
仲の良い夫婦でいようね」と言って購入した
思い出のベッドだったのです。

全裸で土下座する滑稽な2人

「普通そんなベッドで出来るか?!」と
怒りに任せて怒鳴りつける暢。

和正と藍子は全裸のままベッドの上で
「すいませんでした」と土下座をしています。

「百歩譲っても浮気はホテルでやるもんだろ」
「人の家でこんな事、どういう神経してるんだ」
とまくし立てる暢。

この修羅場に居合わせた穂奈美は
ここまでキレている暢を初めて目の当たりにして

キレた暢がうっかり犯罪者になるかもしれない。
それだけは絶対に阻止しよう。
今日は暢についてきてよかった…
と心の底から思ったのでした。

惨めな藍子さん

暢にまくし立てられ、恐る恐る口を開く和正。

「違うんです…俺たちは別れ話をしてたんです」
「そしたら奥さんの方から誘惑してきて…」
「どうしてもと言われたので最後の1回って事で…」
と小さな声でモゴモゴと話し、
「俺はしたくなかった」と全て藍子のせいにして
言い逃れを始めました。

それを聞いた暢は、藍子に向かって
「あんたが選んだ男は守ってもくれない
クソ男じゃん。惨めだね。」と言いました。

和正の態度にショックを受けた藍子は
何も言えずに俯いたままでした。

すると急に明るい態度でスマホを取り出す暢。
「まぁクソ同士お似合いってことでいいんじゃない?
記念に写真でもとりますか!!」と言って
全裸の2人をスマホで連写し始めました。

梢との離婚は絶対に避けたい和正

心から反省しています。」
「できる限りの金額を工面して慰謝料も
きっちりお支払いします。」

「どうか嫁には言わないでください…
息子を父親のいない子にさせたくないし
絶対に別れたくないんです。」

と言って、どうかそこだけは許してほしいと
改めて土下座をして頼み込む和正。

暢は「そこまで言うのなら…」と言いかけ、
期待して顔を上げた和正を
「なんて言うわけないだろ」と冷たい態度で
突き放しました。

「あなたの全裸の土下座なんて
滑稽なだけで何の価値もない。」
「お子さんにとってあなたみたいな人が
父親でい続けることに何のメリットも
ないと思いますけどね。」

「だからそのへんはやっぱり奥様に
判断して頂かないといけないですね。」

と暢がここまで言ったところで
自宅のインターホンが鳴ります。

「俺はこの人たちが逃げないように
見張ってるから姉ちゃん出てくれる?」と
お客さんのことは穂奈美に任せるのでした。

ふっきれた妻・梢光臨

「誰を呼んだの?!」と動揺する藍子。

暢は「こいつの奥さんの梢さん。」と
ニコッと笑いながら言いました。

それを聞いた和正は今までの控えめで
遠慮がちな態度から一変。

「なんてことしてくれてんだテメェ!」と
暢の胸ぐらを掴んで詰め寄りました。

しかし暢は冷静に、
「先に家族を裏切ったのなら、
それで失っても完全に自業自得だ。」
「奥さんの事は諦めて死ぬまでずっと後悔しろ」
と和正を諭すように言いました。

そこへ「お邪魔します…田川さん。」と言って
自分の夫と浮気相手が待つ部屋へ入ってきた梢。

2人とも全裸というあまりの光景に
梢は目を見開いて固まってしまいます。

「違うんだ梢!俺はこいつらにはめられて…」
と和正が言い逃れを始めたところで
静まりかえった部屋に《ピコン!》と
電子音が鳴り響きました。

「え…」と驚く和正と藍子の視線の先には
スマホを構えた梢が立っています。

「言い訳始めて頂いて結構です。
虚偽を述べた場合はお金が多く発生するので
よく考えて発言して下さい。」と言いながら
梢は張り付けたような作り笑顔で
裏切り者2人の滑稽な姿を動画に納めるのでした。

サレタガワのブルー62話感想/考察/結末予想

ついにこの時がやってきました…
全読者お待ちかねの制裁タイム!!

今回は和正が絶対にバレたくなかった(バレてたけど)
梢と裏切り者2人が全裸でご対面。
ふっきれてるとは言えこんな場面
できれば見たくなかったでしょうね…
梢も暢も可哀想…
でも逆にこれ以上ないぐらい最高の証拠を
おさえることができたのは良かった…!

そして藍子。
イケメン高収入ハイスペックな夫、
暢を裏切ってまで手に入れたかった男は
全責任を自分に押し付けて言い逃れ。

実際藍子から家に呼び、
偽手料理を振舞って(バレてたけど)
その後藍子から誘惑してるので
まぁ嘘ではないんですけど…惨め…。

夫も彼氏も失った藍子ですが、
もっと厳しい罰を受けて欲しいと思いました。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

▼[サレブル]の全話の口コミが気になる方はコチラ▼
サレタガワのブルーを無料で読む方法!全話(1-最新話)感想や評価も!

サレタガワのブルー62話を無料で読む方法

「サレタガワのブルー」は「マンガMee」で
限定公開
されています。

「マンガMee」とは集英社が
公式で運営している無料の漫画アプリです。

1コミック一日1話という制限はありますが、
基本的にアプリで公開されている
漫画は無料で読むことができます。

アプリをダウンロードするだけでどの漫画も
最初の3話は完全無料で読むことができます!

チケットで待てば読める

最初の3話よりあとのお話も
「チケット」というものを使えば、
無料で続きを読むことができます!

チケットは24時間ごとに1枚配布されるので、
マンガMeeで公開されている漫画は
一日1話ずつ最新話まで無料で読み進められます。

先読み

一番最後のストーリーに
「先読み」というものがありますが、
こちらではチケットは使えません><

「先読み」のお話を読むには、
ボーナスコイン」というコインを使うことで
「先読み」の内容も読むことができます!

ボーナスコインの貰い方(毎日0時更新)
マンガMeeのアプリ内で再生される動画を見ることで30コイン配布
TOPページ下にあるタロット占いをすることで5コイン配布
※ボーナスコインが貰えるのはどちらも一日1回(毎日0時更新)のみです。

動画を見なくてもボーナスコインが貰える
イベントも不定期で開催
しているので、
常にアプリのチェックは忘れずに!!

ボーナスコインもお金はかからないので
毎日コツコツ動画を見て、完全無料でマンガMeeで
公開されている漫画をアプリで読んでみてくださいね^^

マンガMee登録完了で2,000ボーナスコインをGET!!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ

以上、漫画「サレタガワのブルー」
62話のネタバレやあらすじ、実際に読まれた方の
感想や結末予想についてでした!

毎週金曜日の0:00にマンガMeeにて
ストーリーが更新されるのですが、
ハラハラドキドキ興奮してしまいます!

ドロドロした内容が苦手じゃなければ、
一度読んでみてはいかがでしょうか?