愛をこめて、ぼちぼちネタバレ[10話]ナツキの想いに対して唯斗は?

皆さま、鹿乃子かほさん作、
「ホスト×5歳児
ひとりぼっちな2人の
不器用な家族ごっこ」が
キャッチフレーズの
「愛をこめて、ぼちぼち」って
漫画もう読まれましたか?!

https://twitter.com/segawa_nao/status/1167397469098893318

この漫画は2019年8月に
読み切りとして発表され、
マンガMeeヨミコレ!」にて
1位を受賞した作品です。

数多くの読者様から
支持されていた作品が
連載作品として
帰ってきたということは
期待度が高いですね^^

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

今回の記事では「愛をこめて、ぼちぼち」
10話を実際に読まれた方のアンケートを元に、
漫画のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についても紹介していきます!

「無料で漫画を早く読みたい」という方は、
漫画を無料で読む方法」という
項目をチェックしてみてくださいね^^

愛をこめて、ぼちぼち(漫画)10話あらすじ/内容ネタバレ

「ひとりと、ひとり」

泣かせる唯斗

公園で遊んでいた子供たちの中の
おかっぱ頭の子供が
唯斗に声をかけてきました。

その子は唯斗がなぜ
自分の体型よりも大きい服を着ているのかや
一緒に遊ばないのか気になっていました。

しかし、唯斗は答えませんでした。

「ママとパパは?」

おかっぱ頭の子供はまた質問しました。

その質問に対して「いない」と唯斗が答えると、
おかっぱ頭の子供は泣き出し始めました。

さらに質問をしますが、
唯斗は「孤独に押し潰されるようでは
生きていけない」と言います。

それに対しておかっぱ頭の子供は反論しますが、
唯斗はさらに反論。

そして、子供は泣きながら逃げてしまいました。

戻ってきたナツキ

「戻ってきちゃった」

唯斗の前にナツキが現れました。

彼の顔を見た唯斗は
一瞬ホッとした表情をしますが、
すぐにそっぽを向いてどこかに行こうとします。

そんな唯斗が
自分の服を着てることに気づいたナツキ。

そのことを聞くと、唯斗は慌てて脱ぎ始めました。

シャツを脱いだ唯斗にナツキは
何度も「ごめん」と言いました。

唯斗に否定されてしまったから
勝手に逃げてしまったことで
どうしたらいいか
わからなくなってしまったナツキ。

彼は唯斗に「一緒にいよう」とお願いしました。

唯斗の抵抗

ナツキのお願いを聞いた唯斗は
「あんたが嫌いなんだ」と言って遊具に逃げます。

そして、
誘拐されるや人身売買されると叫ぶと脅します。

それに対して、
分かってもらうまで何度も説明すると
ナツキは反論。

一瞬2人は見つめ合いますが、
すぐに唯斗はすべり台から滑り降りたり、
ジャングルジムによじ登って逃走。

ナツキも登ろうとしますが、
近くにいた子連れの主婦に
登っていいか確認をとります。

唯斗の近くまで登ったナツキ。

それに対してびっくりした唯斗は慌ててしまい、
足を滑らせてジャングルジムから
落ちてしまいました。

しかし、
ナツキがかばったので唯斗は無傷でしたが、
ナツキはジャングルジムに
頭をぶつけてしまい悶絶していました。

悶絶するナツキを心配して慌てる唯斗でしたが、
ナツキは痛みに堪えながら
大丈夫という反応をしました。

負傷したナツキに申し訳なさそうな唯斗は
自分の思いをぶつけました。

それは、一人でも大丈夫と思っていたけれでも、
ナツキといるとその気持ちが
揺らいでしまったということでした。

そして、ナツキがいない中で食事をしようしたら
寂しくなっていました。

ナツキの唯斗への思い

孤独が怖いと思っていた唯斗に対して、
自分もひとりであるとナツキは言いました。

しかし、唯斗は
ナツキと一緒にいても恐怖を感じます。

そんな彼に対して、
怖い気持ちを笑い飛ばすために
「一緒にいよう」と誘います。

そうすれば、
怖い気持ちはどこかに行くとナツキは考えており、
唯斗と一緒にそれをしたいと思っていました。

彼の誘いに対して必死の抵抗をする唯斗。

それに対し「ごめんな」と
頭をポンポンしながら謝りますが、
その行動に対し唯斗は泣き出してしまいました。

泣き出した唯斗に対して、
今までどれだけ我慢していたのかと感じたナツキ。

しかし、
それに対して何もできないかもしれないが、
せめて唯斗が一人ぼっちで泣かないようしよう
と思いました。

そんな唯斗とナツキのやりとりを、
遠くから女子学生が見ていました。

そして、2人は手を繋いで帰るのでした。

愛をこめて、ぼちぼち(コミック)10話感想/考察/結末予想

まず、同年代の子供を泣かせた唯斗。

もう少し仲良くしてあげてください!

その後、唯斗が登場しますが
必死の抵抗を見せます。

今までひとりだったけど
彼が現れたことで生活が変わってしまった。

それが理由だと思いますが、
て受け入れられないことを
「こわくなる」と言っていました。

ドラマとかでもよくありそうな展開ですね。

そして、ナツキが諭すことで、
再び父親がわりになれるようですね。

今後の展開がどうなるか気になりますが、
それ以上に気になったのは
女子学生が登場したこと。

唯斗が道路で怪我した時にいた人ですが、
なぜいるのか?

何か理由がありそうですね。

愛をこめて、ぼちぼち10話をアプリで無料で読む方法は?読切についても


「愛をこめて、ぼちぼち」は
「マンガMee」で限定公開されています。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

「マンガMee」とは集英社が
公式で運営している無料の漫画アプリです。

 

1コミック一日1話という制限はありますが、
基本的にアプリで公開されている
漫画は無料で読むことができます。

アプリをダウンロードするだけでどの漫画も
最初の3話は完全無料で読むことができます!

 

注意
2020年11月以降に始まった
マンガMeeオリジナル連載の最新話
有料(約60円)になってしまいました;;

 

チケットで待てば読める

最初の3話よりあとのお話も
「チケット」というものを使えば、
無料で続きを読むことができます!

チケットは24時間ごとに1枚配布されるので、
マンガMeeで公開されている漫画は
一日1話ずつ最新話まで無料で読み進められます。

 

先読み

一番最後のストーリーに
「先読み」というものがありますが、
こちらではチケットは使えません><

「先読み」のお話を読むには、
ボーナスコイン」というコインを使うことで
「先読み」の内容も読むことができます!

 

ボーナスコインの貰い方(毎日0時更新)
マンガMeeのアプリ内で再生される動画を見ることで30コイン配布
TOPページ下にあるタロット占いをすることで5コイン配布
※ボーナスコインが貰えるのはどちらも一日1回(毎日0時更新)のみです。

 

動画を見なくてもボーナスコインが貰える
イベントも不定期で開催
しているので、
常にアプリのチェックは忘れずに!!

ボーナスコインもお金はかからないので
毎日コツコツ動画を見て、完全無料でマンガMeeで
公開されている漫画をアプリで読んでみてくださいね^^

マンガMee登録完了で2,000ボーナスコインをGET!!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

管理人

読み切り作品も気になるけど今でも読めるのかなぁ?

愛をこめて、ぼちぼち読み切り(ヨミコレ!受賞)作品はどこで読めるの?

マンガMeeヨミコレ!」にて
1位を受賞した読み切り作品が
今でも読めるのか
調べてみましたが、、、

残念なことに現在はどこにも
公開されていませんでしたorz

作者、鹿乃子かほさんの
公式Twitterにて、
読み切り作品の
最初の1ページだけ
公開されていましたので、
シェアしておきます。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

管理人

以前の読み切り作品を読んでいないと、連載作品の話が分からなくなるとかないよね?

読み切り作品と連載作品では
登場人物や設定が異なっています。

なので、読み切り作品を
読んでいないと連載作品の
話が分からなくなるということは
ございませんのでご安心ください^^

連載作品はマンガMeeにて
全話完全無料で
読むことができますので、
読み切りを読んでいない方も
是非読んでみてくださいね^^

まとめ

https://twitter.com/segawa_nao/status/1276881786425896961

以上、漫画「愛をこめて、ぼちぼち」
10話のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についてでした!

隔週水曜日の0:00にマンガMeeにて
ストーリーが更新されるのですが、
流石、読み切り作品が
読者投票で1位だっただけあって
スっと話に惹き込まれました!

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

5歳児の唯人が
生意気なのに可愛い!

主人公のナツキも
今後どのように
変わっていくかも
楽しみです!!!!

孤独を抱える2人の不器用で切ない
家族ごっこの展開を温かく
見守っていきたいという方は
是非一度読んでみてはいかがでしょうか?