愛をこめて、ぼちぼちネタバレ[15話]天音がとった驚きの行動とは?

皆さま、鹿乃子かほさん作、
「ホスト×5歳児
ひとりぼっちな2人の
不器用な家族ごっこ」が
キャッチフレーズの
「愛をこめて、ぼちぼち」って
漫画もう読まれましたか?!

この漫画は2019年8月に
読み切りとして発表され、
マンガMeeヨミコレ!」にて
1位を受賞した作品です。

数多くの読者様から
支持されていた作品が
連載作品として
帰ってきたということは
期待度が高いですね^^

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

今回の記事では「愛をこめて、ぼちぼち」
15話を実際に読まれた方のアンケートを元に、
漫画のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についても紹介していきます!

「無料で漫画を早く読みたい」という方は、
漫画を無料で読む方法」という
項目をチェックしてみてくださいね^^

愛をこめて、ぼちぼち(漫画)15話あらすじ/内容ネタバレ

「夏の、小さな夜に」

激怒する母親

「何やってるの?」

天音がナツキと一緒にいるところを
母親に見られてしまいました。

母親に対して自己紹介や
唯斗を助けてくれたことを
ナツキは彼女に説明をします。

しかし、
職業や年齢を答えると
タクシーを呼んでしまいました。

なぜなら、ナツキがホストだからです。

ホストだということを知った天音の母親は
「二度と近づくな」とナツキに警告。

そして、天音を
強引にタクシーに連れ込んでしまいました。

ナツキは叱らないで欲しいと
お願いしていましたが、
それを無視してタクシーの中で
母親は天音のことを叱りました。

ちなみに、
母親は天音が塾を休んでいることを知って
あとをつけていました

そして、
天音がナツキと交際していると思った彼女は
鞄からスマホを取り出して
ナツキの登録情報を削除してしまいました。

「どうしてわからないの?」

ナツキのような人物は
娘にふさわしくないと思った母親は、
自分の考えを理解しようとしない天音に
苛立っていました。

銭湯へ

「お風呂屋さんいかない?」

ナツキは唯斗を銭湯に誘いますが
唯斗は拒否。

なぜなら、
自宅にお風呂があるのに
銭湯に行くのはむだづかいだと
思ったからです。

しかし、ナツキは強引に連れて行きました。

銭湯にやってきた唯斗は大喜びでした。

そして、
ナツキにシャンプーをしてもらいますが
子供にもかかわらず子供扱いされることを
嫌がっていました。

唯斗にシャンプーしている間に
ナツキが気になっていたのは、
天音が言った
唯斗の母親と天音の父親の関係
について。

それが本当だとすると
唯斗には言えないので
どうするべきか悩んでいました。

ちなみに、
このとき彼が考えたのは、
唯斗の母親の居場所を突き止めて彼女を
説得するというものでした。

そして、
そんなことを考えながら
唯斗がアイスを買おうとするのを
手伝いました。

肩車

銭湯で買ったアイスを食べながら帰る2人。

“ドン”

どこかで花火をやっていることに
ナツキは気づきました。

その後、ナツキは少し花火が見えたので
そのことを唯斗に伝えました。

しかし、唯斗は小さいので
見ることができませんでした。

「ほれ」

ナツキは唯斗に花火を見せたいと思い
肩車をしました。

肩車のおかげで花火を見ることができた唯斗。

彼はナツキと一緒に喜んでいました。

「お父さんに肩車」

花火を見ていた2人を見た老人が言いました。

老人の話を聞いたナツキは、
自分たちが親子に見えることを
嬉しく思いました。

初めての花火

「リアルの花火みたの初めて」

唯斗が打ち上げ花火を見たのは
今回が初めてでした。

なぜなら、
今までは自宅で花火を見ようとしますが
いつも音しか聞こえなかったからです。

そして2人は小さいけれども
きれいな打ち上げ花火を見ていました。

家出少女

「こいつの泣き顔はもう見たくない」

「そばにいよう」

唯斗のためにできることはやる。

そして、
何があっても彼のそばにいることを
ナツキは決意しました。

その後、

アパートの前まで肩車をしていたナツキは
体力の限界を迎えて
その場に座り込んでしまいました。

「あの」

誰かのこえが聞こえたので家の前を見た2人。

そこには、
リュックと大きな鞄を持った天音がいました。

「ここにしばらく
おいてください」

天音がここにやってきたのは
家出をしてきたからでした。

そのことを知ったナツキと唯斗は
驚きました。

愛をこめて、ぼちぼち(コミック)15話感想/考察/結末予想

ナツキを見た天音の母親の反応は
彼を見下したようなものでした。

レベルを重視する彼女にとっては
当然の反応でしたね。

しかし、天音には
そんな母親の考えが解せないようです。

その後、
ナツキと唯斗は銭湯に行ったり
花火を見て夏を楽しんでいました。

そういえば、
アプリのトップページで見ることができる絵が
冬仕様に変わっていました。

この話は冬の話に続くということですね。

そして、
最後は天音が家出少女になって
唯斗の家にやってきました。

この先、
3人の生活がどんな感じになるのか
楽しみですね。

愛をこめて、ぼちぼち15話をアプリで無料で読む方法は?読切についても


「愛をこめて、ぼちぼち」は
「マンガMee」で限定公開されています。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

「マンガMee」とは集英社が
公式で運営している無料の漫画アプリです。

 

1コミック一日1話という制限はありますが、
基本的にアプリで公開されている
漫画は無料で読むことができます。

アプリをダウンロードするだけでどの漫画も
最初の3話は完全無料で読むことができます!

 

注意
2020年11月以降に始まった
マンガMeeオリジナル連載の最新話
有料(約60円)になってしまいました;;

 

チケットで待てば読める

最初の3話よりあとのお話も
「チケット」というものを使えば、
無料で続きを読むことができます!

チケットは24時間ごとに1枚配布されるので、
マンガMeeで公開されている漫画は
一日1話ずつ最新話まで無料で読み進められます。

 

先読み

一番最後のストーリーに
「先読み」というものがありますが、
こちらではチケットは使えません><

「先読み」のお話を読むには、
ボーナスコイン」というコインを使うことで
「先読み」の内容も読むことができます!

 

ボーナスコインの貰い方(毎日0時更新)
マンガMeeのアプリ内で再生される動画を見ることで30コイン配布
TOPページ下にあるタロット占いをすることで5コイン配布
※ボーナスコインが貰えるのはどちらも一日1回(毎日0時更新)のみです。

 

動画を見なくてもボーナスコインが貰える
イベントも不定期で開催
しているので、
常にアプリのチェックは忘れずに!!

ボーナスコインもお金はかからないので
毎日コツコツ動画を見て、完全無料でマンガMeeで
公開されている漫画をアプリで読んでみてくださいね^^

マンガMee登録完了で2,000ボーナスコインをGET!!

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

管理人

読み切り作品も気になるけど今でも読めるのかなぁ?

愛をこめて、ぼちぼち読み切り(ヨミコレ!受賞)作品はどこで読めるの?

マンガMeeヨミコレ!」にて
1位を受賞した読み切り作品が
今でも読めるのか
調べてみましたが、、、

残念なことに現在はどこにも
公開されていませんでしたorz

https://twitter.com/segawa_nao/status/1154714657191428096

作者、鹿乃子かほさんの
公式Twitterにて、
読み切り作品の
最初の1ページだけ
公開されていましたので、
シェアしておきます。

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

管理人

以前の読み切り作品を読んでいないと、連載作品の話が分からなくなるとかないよね?

読み切り作品と連載作品では
登場人物や設定が異なっています。

なので、読み切り作品を
読んでいないと連載作品の
話が分からなくなるということは
ございませんのでご安心ください^^

連載作品はマンガMeeにて
全話完全無料で
読むことができますので、
読み切りを読んでいない方も
是非読んでみてくださいね^^

まとめ

https://twitter.com/segawa_nao/status/1276881786425896961

以上、漫画「愛をこめて、ぼちぼち」
15話のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想にについてでした!

隔週水曜日の0:00にマンガMeeにて
ストーリーが更新されるのですが、
流石、読み切り作品が
読者投票で1位だっただけあって
スっと話に惹き込まれました!

マンガMeeをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
集英社の女性向け人気漫画が無料で読める【マンガMee】

5歳児の唯人が
生意気なのに可愛い!

主人公のナツキも
今後どのように
変わっていくかも
楽しみです!!!!

孤独を抱える2人の不器用で切ない
家族ごっこの展開を温かく
見守っていきたいという方は
是非一度読んでみてはいかがでしょうか?