放課後のグランギニョルネタバレ[2話]容赦なく生徒を惨殺する生徒会長

皆さま、天海杏菜さん作、
「放課後の恐怖
残酷劇場、開幕!」が
キャッチフレーズの
「放課後のグランギニョル
〜チャイムが鳴る時、
少女の微笑みは肉塊に変わる〜」
って漫画はもう読まれましたか?!

マンガワンをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
小学館のオリジナル漫画が毎日無料で読める【マンガワン】

今回の記事では
「放課後のグランギニョル
〜チャイムが鳴る時、
少女の微笑みは肉塊に変わる〜」
2話を実際に読まれた方の
アンケートを元に、
漫画のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の
感想や結末予想についても
紹介していきます!

「無料で漫画を早く読みたい」という方は、
漫画を無料で読む方法」という
項目をチェックしてみてくださいね^^

この作品はマンガワン
各話数の冒頭ページに
注意事項が記載されていますので、
引用させて頂きます!

苦手な方はご注意くださいませ。

本作品はフィクションです。
実在の人物や団体などとは関係ありません。
また、犯罪行為及び刑罰・法令に抵触する行為を
容認・推奨するものではありません。
一部過激な表現が含まれますので、
あらかじめご了承の上、閲覧ください。

マンガワン「放課後のグランギニョル」各話数冒頭文より引用

放課後のグランギニョル2話(漫画)あらすじ内容/ネタバレ

「第二話」

放課後の仕組み

「生き延びたいならついてくるといい」
そういわれた新入生の、ゆい。

訳が分かりません。
しかし足元には生徒の死体が。

おそろしい、死にたくない。
ゆいは生徒会長の手を取ります。

「放課後って…」
その質問に生徒会長は、
「我々が殺し合うための時間」
だと答えました。

毎日授業が終わった30分後に、
「チャイム」
が鳴り、それが合図です。

最初の30分は必ず1人殺す。
ペアを組めたなら、
「ペアあたりで1人殺せばパス」
となります。

残りの30分は自由時間。
「ポイント稼ぎのボーナスタイム」
そう生徒会長はいいます。

ポイントは武器を得るのに必要。

「毎日殺し合いなんて!」
「なぜ世間は知らないんですか」
「こんなの悪夢」

そういうゆいに、
「ロッカーに着替えがあった」
「そのままじゃ気持ち悪いだろ」
「それに少し匂うぞ」
と生徒会長が言います。

「私といれば大丈夫だから」
そう笑顔を見せる生徒会長。

地下にあるロッカー

ロッカーは地下にあるようです。
ゆいは後ろをついていきます。

悲鳴が聞こえます。
しかし生徒会長は説明を続けます。

「武器などが受け取れる」
「コスメもあるぞ」

生徒会長のロッカーは高い場所。
頼まれてゆいはおんぶをします。
しかし名前が分かりません。

生徒会長は改めて、
「黄昏坂いろは」
だと自己紹介をしました。

「ポイントやペアって」
そう聞くゆいに、いろはは、
「明日まとめて説明しようかと」
と答えました。

生き残るには丸腰では不利。
武器や防具を得るためには、
「殺し合いでポイントを奪う」
必要があるのです。

他にもポイント獲得方法がある様子。
ペアを組めば、入るポイントも分配。

ペアは0時でリセットされます。
毎日同じ相手と組むことも可能。
組む方法が、
「互いの粘膜の接触」
となっているのです。

放課後外の殺人はペナルティ

「いろはカイチョ」
声がします。

血まみれで、
「チェーンソー」
を持った少女がいます。

「なんで1年生とペア?」
そう聞いた女生徒に、
「楓華、今日はもう、やりあう気はない」
といろはは答えました。

「1年生ほとんど死んだし説明なら明日でも」
楓華が、いろはに近付きます。

「おんなのこの体をこじあけるのが好き」
そう話す楓華。
いちゃいちゃしているように見えます。

(仲間なら安心?)
ゆいは、そう考えています。
そこに悲鳴が響きました。

楓華の悲鳴です。

サバイバルナイフで刺されたのです。
「許可なく触れられるのは大嫌い」
そう笑顔を見せるいろは。

ゆいは思わず逃げ出します。
「気が変わったら殺される」
と思ったからです。

「1人で動いたら危ないぞ」
いろはが追いかけてきます。

そのとき目の前に倒れてきた生徒が。
殺したのは1年生です。
「ためらいがない」
そう感心しているいろは。

彼女は、いろはにも向かってきます。
手にしているのはバットです。

そのときチャイムが鳴りました。
「放課後外の殺人はペナルティ」
いろはが説明します。
彼女は武器を放り投げました。

バッドを持った1年生は、
「荒沼マリナを知ってる?」
といろはに聞きました。

「知らなーい」
いろはは明るく答えます。

彼女は走り去ります。
その後ろ姿に、
「明日は聖堂に集合だぞ」
といろはが声を掛けます。

『放課後が終わりました』
『生徒の皆さんは速やかに下校を』

放送が流れます。

今日は安全なのかも

いろはと別れたゆい。
「学校で人がたくさん死んでる!」
モニター越しに訴えています。

しかしモニターからは、
「部屋は2階205号室」
「顔色が悪いですね」
「早めの就寝を」
という返事があるだけ。

学校は、孤島にあります。
「泳いだりできないかな」
「海を泳ぐのと、どっちが安全?」
ゆいは学校の外に出ました。

しかし外はまだ寒いのです。

学校には船で来ました。
3時間はかかったはずです。

「今日は安全なのかも」
そう考えたゆいは部屋に戻ります。

ベッドの中でゆいは震えています。

死んだはずのクラスメイトが

翌日。
ゆいは聖堂へ行きました。

壇上には生徒会長たち。
他にも上級生がいます。

そして聖堂には、
「ベッド」
のようなものが並んでいます。

死体かと思うゆい。

しかし、布が動きました。

出てきたのは、「はる」「由香」
死んだはずのクラスメイト達です。

放課後のグランギニョル2話(コミック)感想/考察/結末予想

地下にはロッカールームが。
そこで会った楓華を殺したいろは。
何のためらいもありません。

部屋で震えていた、ゆい。
それも無理はありませんよね。
訳が分からないのですから。

しかしさらに不思議なのは翌日。
聖堂に並んでいたベッド。
そこからは死んだはずのクラスメイトが。

どういうことなのでしょうか。
死んでいなかったのでしょうか。

今の段階では、
「さっぱり訳がわからない」
としかいえません。

早く詳しい説明が聞きたいところです。

放課後のグランギニョル2話をマンガアプリで無料で読む方法


「放課後のグランギニョル
〜チャイムが鳴る時、
少女の微笑みは肉塊に変わる〜」は
「マンガワン」で限定公開されています。

「マンガワン」とは小学館が
公式で運営している無料の漫画アプリです。

1日8話という制限はありますが、
アプリ内の漫画は基本的に無料で読むことが出来ます。

アプリをダウンロードするだけでどの漫画も
最初の1話〜数話は完全無料で読むことができます!

ライフを消費して無料で読める

最初の1話〜数話以降のお話も
1日2回配布される「ライフ」というものを使えば、
無料で続きが読めちゃいます!

ライフは毎日9時と21時に合計8個配布されます。

Point
AM09:00-20:59の間に4個
21:00-AM08:59の間に4個

ライフの所持数が4個未満の場合は上記の時間帯に
所持数が4個になるように回復されます。

 

(所持数が4個以上の場合、上記時間帯の配布対象外となります。)

1話につきライフ1個で読めるので、
マンガワンで公開されている漫画は
合計8話無料で読むことが出来ます。

ちょっとずつ色んな漫画を読んだり、
1つの漫画を一気に8話読んだり、
自分に合った方法で楽しめます★

SPライフを使って無料で読める

ある程度、お話を読み進めていくと
ライフが使えなくなる時が来てしまいます…

…しかし!
ライフで読み進めることが出来なくなったお話も
SPライフというものを使うことで
続きを読むことができます!

 

MEMO
SPライフイベントの報酬
ショップでチケットを購入した際のオマケ
さらに対象アプリのダウンロード
動画視聴(1日1回1SP)でゲット出来ます!


アイテムの優先順位

ライフ、SPライフ、チケットを使用することによって
漫画を1話ずつ読むことが出来ます。

上記3種類のアイテムは一般公開されている漫画を読む際に
ライフ』→『SPライフ』→『チケット』の順に消費されます。

 

動画やアプリのインストールをしなくても
SPライフが貰えるイベント不定期開催されているので
お得なチャンスを見逃さないよう、マメにアプリをチェックして
マンガワンで公開されている様々な漫画を完全無料
楽しんでみて下さいね^^!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

まとめ

以上、漫画
「放課後のグランギニョル
〜チャイムが鳴る時、
少女の微笑みは肉塊に変わる〜」
2話のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や
結末予想についてでした!

毎週金曜日の0:00に
マンガワンにてストーリーが
更新されるのですが、
残酷描写のエグさは想像以上で、
モザイクがあるにもかかわらず
「うっ」ってなるレベルだと
管理人は思いました><

マンガワンをダウンロードするにはコチラ
↓↓↓
小学館のオリジナル漫画が毎日無料で読める【マンガワン】

本当に怖過ぎるので、
読む時は注意が必要です!

各話数冒頭の注意書き
ご確認頂いたうえで、
グロ・残酷描写があっても
平気だという方は是非一度
読んでみてはいかがでしょうか?